昭和55年(1980年)9月場所

「大相撲テレビ観戦記」
・幕内では、4場所連続優勝を狙った横綱北の湖でしたが、4日目に東小結の千代の富士にうっちゃられてリズムを崩し、翌日も西前頭筆頭の隆の里に突き落とされて連敗し、結局、11勝4敗に終わりました。横綱若乃花は久し振りに好調で、5日目に東前頭筆頭の巨砲に下手投げで敗れたものの14勝1敗で8場所振り4回目の優勝をしました。しかし、この優勝が彼の最後の優勝となるとは誰が想像したでしょうか?先場所、途中休場した横綱三重ノ海は肝臓炎のため全休、同じく頸椎捻挫で途中休場した横綱輪島は無傷で中日で給金を直しましたが、9日目に西前頭筆頭の隆の里に肩透かしで敗れ、後半は息切れし11勝4敗に終わりました。

・三賞は、殊勲賞は横綱北の湖、輪島、大関増位山を下し13勝を挙げた西前頭筆頭の隆の里が初めて、敢闘賞は殊勲賞に続き隆の里が2場所連続3回目、同じく、東前頭10枚目で11勝を挙げた青葉山が2回目、技能賞は東小結の千代の富士が10勝を挙げ、2場所連続3回目の受賞をしました。

・十両では、先場所負け越して今場所、十両に陥落した東3枚目の富士櫻と元幕内力士の東11枚目の大旺が12勝3敗で並び、決定戦の末、突き出しで富士櫻が勝ち2回目の優勝をしました。

・幕下優勝=西40枚目・多賀竜(最高位=関脇)(7戦全勝)。

・三段目優勝=東42枚目・大田中(7戦全勝)。

・序二段優勝=西44枚目・伊達(7戦全勝)=2人による決定戦。

・序ノ口優勝=東28枚目・佐久間((6勝1敗)=4人による決定戦。

http://gans01.fc2web.com/S50/S55-9.html
Special Thanks To Mr. gans


画像
画像

●新入幕
・板井 圭介(いたい けいすけ)=昭和31年3月21日生まれ、大分県出身、大鳴戸部屋。
画像

・実業団相撲出身、国体青年の部優勝等、アマチュア相撲での実績があったが、前相撲からスタートした。思い切りの良い相撲を取り、突き、押しを得意とした。大関から横綱時代の大乃国に6連勝とすっかりカモにし、また、強烈な張り手で何度も土俵中央で"K.O.”した。平成3年5月場所、前頭4枚目で成績は4勝11敗に終わったが、この場所は横綱千代の富士の最後の場所で、千代の富士最後の白星を提供する事となった。引退後に年寄名跡襲名の申請をしたが、異例の却下をされた。年6場所制で初土俵・新十枚目・新入幕・最終の月が全て同じ(9月)である唯一の力士。平成12年1月に日本外国特派員協会で八百長についての講演を行って物議を醸し、「中盆」を著した。

・本名=板井 圭介(いたい けいすけ)。
・四股名=板井→高鐵山→板井。
・初土俵=昭和53年9月場所(22歳)。
・十両昇進=昭和54年9月場所(23歳)。
・最終場所=平成3年9月場所(35歳)=東十両9枚目(1勝2敗12休)。
・最高位=小結。
・幕内在位=54場所。
・幕内成績=331勝438敗41休。
・三賞受賞=殊勲賞1回、技能賞1回。
・金星獲得=3個。
・身長、体重=178cm、139kg。
・得意手=突き、押し、叩き込み。

・太寿山 忠明(だいじゅやま ただあき)=昭和34年4月8日生まれ、新潟県出身、二子山部屋。
画像

・若嶋津、霧島と同期生。関脇を3場所、小結を4場所務めた。右四つで寄り切り、上手投げの本格派で、上り坂の頃には北の湖に勝った事もある。一時は大関候補と言われた事もあるが、攻めが遅く、関脇での3場所は何れも負け越している。角界全体の立ち合いが乱れている時に、両手をきちんと付いての立ち合いを励行して他の力士の模範となった。引退して年寄花籠を襲名、山梨県初の相撲部屋を建て花籠部屋を再興、平成8年、東京都墨田区緑に部屋を移転。

・本名=坂爪 忠明(さかづめ ただあき)。
・四股名=坂爪→大寿山→太寿山。
・初土俵=昭和50年3月場所(15歳)。
・十両昇進=昭和55年1月場所(20歳)。
・最終場所=平成3年5月場所(32歳)=西前頭14枚目(3勝12敗)。
・最高位=関脇。
・幕内在位=64場所。
・幕内成績=431勝501敗28休。
・三賞受賞=殊勲賞1回、敢闘賞3回。
・金星獲得=7個。
・身長、体重=183cm、159kg。
・得意手=右四つ、上手投げ、うっちゃり。

・飛驔乃花 成栄(ひだのはな しげよし)=昭和28年12月13日生まれ、岐阜県出身、二子山部屋。
画像

・下積みが長く、何度も四股名を改名したのは上位躍進の切っ掛けを掴みたかったからに他ならない。初土俵から11年目の幕内昇進だったが、二子山部屋には関取衆が多く、稽古相手に事欠かなかった事は幸運だった。右四つ、左上手を取ると上手投げがあり、寄りも厳しかった。同僚の若嶋津が「飛驔乃花じゃなくて、"飛驔力だ”。廻しを取ると力が強く、動けなかった」と語っていた。

・本名=平林 修(ひらばやし おさむ)。
・四股名=平林→龍王山→大真弓→龍王山→平林→龍王山→飛驔乃花→飛驔ノ花→飛驔乃花。
・初土俵=昭和44年7月場所(15歳)。
・十両昇進=昭和54年7月場所(25歳)。
・最終場所=平成元年3月場所(34歳)=東幕下筆頭(0勝0敗7休)。
・最高位=前頭筆頭。
・幕内在位=25場所。
・幕内成績=153勝222敗。
・三賞受賞=敢闘賞1回。
・金星獲得=1個。
・身長、体重=182cm、133kg。
・得意手=右四つ、上手投げ。

・大相撲テレビ観戦記=ブログ一覧
http://37021207.at.webry.info/200710/article_14.html

・新入幕・引退力士一覧①
http://37021207.at.webry.info/200706/article_14.html

・幕内力士五十音別索引
http://37021207.at.webry.info/200706/article_15.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック